土地売却 課税 所有期間

土地を売却するなら知っておきたいこと

売却するのにも税金がかかる

土地売却を検討する際に知っておきたいのが、
土地を売却した場合には所得税や住民税が課税されるという点です。
売却して得た利益から、取得費と譲渡費用費用を差し引いた金額が
課税譲渡所得となり、この金額に対して一定の税率で課税されます。

課税譲渡所得の計算式

【取得費】
土地の購入金額に仲介手数料などの諸経費を合計した金額

【譲渡費用】
土地売却時にかかった仲介手数料などの諸経費

所有期間によって税率に違いがある

そして、所有していた期間が5年を超える場合には、長期譲渡取得。
5年以下の場合には、短期譲渡取得というように、所有していた期間によって、
税率に違いがあり、短期間の所有であるほうが高い税金が課せられます。
これには、土地を転売することで利益を得るというような売買を防ぐ目的があります。

土地の所有期間 課税区分 所得税 住民税 課税率合計
5年以下 短期譲渡所得 30.63% 9.0% 39.63%
5年以上 長期譲渡所得 15.315% 5.0% 20.315%

売却方法は不動産業者による仲介か買取

土地の売却は、一戸建てやマンションなどの建物を含む不動産と同様に、
不動産業者によって、土地の買い手を見つけてもらって売却する仲介と、
不動産業者自身が、土地を購入する買取の2種類のわけられます。

【仲介での売却】
仲介の場合は、多少高い金額であっても買い手側が納得できればよいので、
買い手が見つかるまでに、ある程度の時間がかかりますが、
比較的高い金額で売却できる傾向にあります。
また、この場合不動産業者に対して、仲介手数料を支払うことになります。

【買取での売却】
買取の場合には、買い手がつくかどうかわからない土地を、
不動産業者が自ら買い取るということになるため、
仲介に比べて安い金額での取引となりますが、売り手側からすれば、
すぐに売ることが出来る点と、仲介手数料が必要ないことがメリットであるといえます。

土地一括査定

不動産業者に査定を依頼する場合には、近所の不動産業者や、
これまでに縁のある業者に査定してもらい、そのままその業者で売却する。
これまでであれば、こういった流れが一般的であったといえます。

しかし現在では、インターネットを活用することによって、
以前よりも便利でお得に売りたい土地を高価で売却できる可能性があることをご存知でしょうか。

インターネット上には不動産の一括査定を利用することのできるサイトが数多く用意されていて、
サイトによって若干の使用手順に違いはあるものの、
最初の段階では住所や不動産の種別、面積などの簡単な項目を入力することによって、
複数の不動産会社からの見積もりを提示してもらうことができる仕組みになっています。

不動産会社によっては特定の地域で土地探しなどを行っているケースもあり、
該当する場合では十分に高額査定を実現できる場合があります。
無料一括サイトを利用することによって、それぞれの土地を売却するのに適した業者を
より広範囲に探すことができるようになったといえます。

土地売却 基礎知識

COPYRIGHT© 2014 土地を売却するなら知っておきたいこと ALL RIGHTS RESERVED.